5月9日午後7時(日本時間)に発表されたIWC2019の吟醸酒部門で初孫「冬のカノン」吟醸酒がトロフィー(第一位)を受賞しました。
昨年の本醸造部門では初孫「伝承きもと」がトロフィーを受賞しており、2年連続のトロフィー受賞です。
今年は9部門中、8部門でメダルを受賞しました。
成績は以下のとおりです。
□純米大吟醸部門
…ゴールド受賞 初孫 祥瑞(しょうずい)
□吟醸酒部門
…ゴールド受賞 初孫 冬のカノン
□大吟醸部門
…シルバー受賞 初孫 大吟醸斗瓶囲ひ
□本醸造部門
…シルバー受賞 初孫 本撰 本醸造
□普通酒部門
…シルバー受賞 初孫 酔恋花
□純米吟醸部門
…ブロンズ受賞 初孫 いなほ 純米吟醸
□古酒部門
…ブロンズ受賞 初孫 山田錦熟成純米酒
□スパークリング部門
…ブロンズ受賞 初孫 美泡純吟
今回の受賞を機に、「生もと造り」の技を極め、更に品質に磨きをかける決意です。ご愛飲をお願いします。