発行:東北銘醸株式会社  
山形県酒田市十里塚字村東山125-3
TEL:0234(31)1515 / FAX:0234(31)5588
URL:http://www.hatsumago.co.jp

mailto:sake@hatsumago.co.jp


2013年03月号
2013年01月号
2012年10月号
2012年08月号
2012年06月号
2012年04月号
2012年02月号
2011年12月号
2011年10月号
2011年08月号
2011年06月号
2011年04月号
2011年03月号
2011年01月号
2010年11月号
2010年10月号
2010年09月号
2010年07月号
2010年05月号
2010年03月号
2010年01月号
2009年12月号
2009年10月号
2009年08月号
2009年07月号
2009年05月号
2009年03月号
2008年11月号
2008年09月号
2008年07月号
2008年04月号
2008年01月号
2007年09月号
2007年07月号
2007年05月号
2006年11月号
2006年10月号

初孫通信バックナンバー2007年07月号

180mlの商品紹介
  300mlではちょっと量が多い時、おすすめです!
180ml(1合)小瓶シリーズの紹介です。
300mlではちょっと多い、開けたての新鮮なお酒が飲みたいなどのご要望にお応えする180ml小瓶のアイテムが初孫でも充実してきました。
夏には冷蔵庫で冷やしてキリリとおいしく、またビンのままお湯につければ燗酒のできあがり。
辛口の純米酒「魔斬 まきり」
アメリカでの人気の「きもと純米酒」
高い品質の「酒王」
お気軽にお楽しみ下さい。
日本酒フェア開催
  おかげさまで初孫は金賞を受賞しました
6月7日(木)、池袋サンシャインシティーで初めての「日本酒フェア」が開催されました。
全国新酒鑑評会における金賞受賞酒、入賞酒の一般公開もおこなわれ、業界関係者ならびに熱心な日本酒ファンで会場は大いに賑わいました。
前回号でご報告の通り、おかげさまで初孫は金賞を受賞することが出来ました。
過去20回のうち15回目の受賞実績は全国一となります。杜氏は「この裏付けされた酒造りの技をきちんと商品に反映させ、多くの方に満足してお飲みいただけるよう一層努めて参ります」と話していました。
社員紹介
  高橋さとみさん
どこからか響き渡る「オ・ホ・ホ・ホ、ウ・フ・フ」のほがらかな笑い声。
今回は入社12年目を迎えた「初孫の笑い袋」高橋さとみさんです。
製造部の瓶詰め部門に所属、検ビンや検酒作業などを行っています。我が社の酒ビンは環境を考えて主にリサイクル瓶を使用しています。メーカーとして製品化には万全を期する必要があるために、検ビンは地味ながらとても重要な作業となります。ミスを許されない緊張感と目の疲労で精神的も肉体的にもとても大変な仕事を、苦もなくてきぱきこなしております。
目下の楽しみは、毎年のように高校生の娘と出かける「ポルノグラフティー」のコンサート。最初はおとなしくしているものの、だんだんと年甲斐もなくノリノリに・・・。
娘さんが隣で恥ずかしがっている様子が目に浮かびますが、若々しさの秘訣はここにありそうです。
「金賞受賞」回数全国一
  過去20年で15回の金賞受賞達成
酒田も夏真っ盛りを迎えました。8月3日から4日にかけて酒田港祭りが開催され、3日は甚句流しパレード、4日は花火大会と酒田の町は大いに賑わいました。


さて、蔵では醸造機材のメンテナンスや建物の補修などもおよそ始末がつき、もうすぐ新しい年度の酒造りが始まります。9月上旬の仕込み開始に向けて着々と準備を整えているところです。

ここ20年で15回という全国ナンバーワンの全国新酒鑑評会金賞受賞実績に恥じないよう蔵人一同努めて参りますので、新しい造りでのおいしい初孫の酒をどうぞご期待下さい。



〒998-0114 山形県酒田市十里塚字村東山125番地の3
TEL 0234-31-1515(代) FAX 0234-31-5588
お酒は20歳になってから。 お酒は適量を。