発行:東北銘醸株式会社  
山形県酒田市十里塚字村東山125-3
TEL:0234(31)1515 / FAX:0234(31)5588
URL:http://www.hatsumago.co.jp

mailto:sake@hatsumago.co.jp


2013年03月号
2013年01月号
2012年10月号
2012年08月号
2012年06月号
2012年04月号
2012年02月号
2011年12月号
2011年10月号
2011年08月号
2011年06月号
2011年04月号
2011年03月号
2011年01月号
2010年11月号
2010年10月号
2010年09月号
2010年07月号
2010年05月号
2010年03月号
2010年01月号
2009年12月号
2009年10月号
2009年08月号
2009年07月号
2009年05月号
2009年03月号
2008年11月号
2008年09月号
2008年07月号
2008年04月号
2008年01月号
2007年09月号
2007年07月号
2007年05月号
2006年11月号
2006年10月号

初孫通信バックナンバー2010年01月号

【酒蔵ニュース】
  謹んで新春のご祝詞を申し上げます
  正月や 佳き年を願い 初孫を飲む
昨年中は格別のお引き立てに預かり厚く御礼申し上げます。本年も相変わりませず「初孫」をご愛顧賜りますようお願いいたします。

さて、隣の鶴岡市での積雪が全国ニュースで話題となったように、12月中旬に当地方は思いもかけない大雪に見舞われました。忙しい時に雪が降られるのは困りものですが、造りの人たちからは寒さは酒造りに良しと歓迎されています。
酒田の北港では、冬の風物詩となった『ハタハタ釣り』で賑わっています。一時かなり落ち込んだハタハタも、漁を規制したおかげでようやくここまで回復しました。 
 
年末の出荷の最盛期がようやく終わり、製造部はこれから造りの方へとギアチェンジ。鑑評会出品用の大吟醸の造りも始まりました。これからしばらくの間、蔵人たちは正月も関係なく酒造りに専心します。
杜氏から酒造りの前半を振り返ってもらいました。「山田錦をはじめ、今年の米はいつもの米と違いおもしろい。今まで搾った酒の味をみてみると、ノリも良いしキレも良い。『毎年酒造りは一年生』という言葉をあらためて実感しています」と話していました。その年、その年の米の違いに対処するのに、蔵人たちは悪戦苦闘しています。

年始めにうれしい報告。元木里香さんが衛生標語のコンテストで酒田労働基準協会より表彰されました。
  『心と体の健康づくり ストレスためない 明るい職場』

※写真は順番に
 @大雪もだいぶ溶けました 会社正面
 A岸壁はハタハタの釣り人でギッシリ
 B杜氏もストップウォッチ片手に浸漬作業
 C表彰状を持つ元木里香さん
【社員紹介】
  ◎佐藤義徳君
今年、年男を迎えたおめでたい義徳君は、製造部第2課精製(せいせい)部門所属しています。精製部門とは、主にお酒を搾ってから瓶に詰めるまでの工程「移動・火入れ・濾過(ろか)」です。
さて、この「初孫通信」の紹介コーナーに取り上げるに際し、取材する前に自分のことをあれこれ書いたメモを渡されたのは初めてのことでした。単に真面目なのか、恥ずかしがり屋なのか・・・。すぐに顔を赤くするので、ちょっとからかいたくなるます。これって、「いじられキャラ」?
 同僚から話を聞くと、かなり照れ屋は確かなことだけど素朴で思いやりがある(特に親思い)人とのことでした。
 晩酌は毎日欠かさず初孫3合、寒くなってきた昨今はアクション映画のDVDを見ながらお燗で伝承生酛。最近、スリムな体を作るために、以前やっていたスイミングとスノーボードを再開させたいと思っているようです。
 ※義徳君が持っているのは・・・左手に定規、右手に“さし”、タンクの酒量を調べるのに使います
【酒田の 幻の 旨いもん紹介】
  《ブリコ》
ブリコこといっても、鰤(ブリ)ではなく鰰(ハタハタ)の卵のことをいいます。私たちが小さな頃は、ブリコをおやつ代わりによく食べたものです。ところが、今ではハタハタを保護するために捕っては悪いことになってしまいましたので、今や幻の「旨いもん」となりました。
 食べたといっても、実際にはチューインガムのように口に含んで噛みしめ、汁をすすっていました。殻は吐き出します。ブリコを噛んでいたので、酒田の人は顎(あご)が丈夫な人が多いはず、です。
 他所から来た人は吐き出さずに飲み込んでしまったという話を耳にしました。大量に食べた人は、さぞかし大変だったことでしょう。
 久しぶりに食べたいなぁ・・・。
【トピックス】
  『ふれあい酒田』開催
「ふれあい酒田」とは、酒田市出身者および酒田市にゆかりのある方々の集うふるさと会です。現在、首都圏を中心に1000人以上の会員がいるようです。
 去る12月6日(日)に、東京都北区にある北とぴあで第12回総会・懇談会が盛大に開催されました。ふだん標準語を使う出席者も次第に酒田弁に戻り、懐かしい学生時代や地域の想い出話に花を咲かせていました。
 また、芋煮汁も振る舞われ、物産コーナーでは初孫はじめ酒田の地酒が販売されました。もちろん初孫は一番人気。季節限定のしぼりたて「初吹雪」や辛口人気ナンバーワン「魔斬」はあっという間に売り切れてしまいました。
【商品紹介】
  「伝承生もと」 お燗がおいしい幅のある味わい
 伝承の技を活かし、コクがあり旨さが違う初孫オリジナル。「生もと」だからこそ実現した、しっかりとしてお燗で引き立つお酒。好評につきこの度四合瓶も発売、これを機に本醸造といたしました。
 ■身も心も温める燗酒の良さ
  ・料理の味を引き立てます
  ・コクと旨味を引き出します
  ・酔い加減がわかる「適量飲酒」
どうぞ、「伝承生もと」を、アツアツおでんや焼き鳥など旨味のある料理とともにお召し上がり下さい。 



〒998-0114 山形県酒田市十里塚字村東山125番地の3
TEL 0234-31-1515(代) FAX 0234-31-5588
お酒は20歳になってから。 お酒は適量を。