発行:東北銘醸株式会社  
山形県酒田市十里塚字村東山125-3
TEL:0234(31)1515 / FAX:0234(31)5588
URL:http://www.hatsumago.co.jp

mailto:sake@hatsumago.co.jp


2013年03月号
2013年01月号
2012年10月号
2012年08月号
2012年06月号
2012年04月号
2012年02月号
2011年12月号
2011年10月号
2011年08月号
2011年06月号
2011年04月号
2011年03月号
2011年01月号
2010年11月号
2010年10月号
2010年09月号
2010年07月号
2010年05月号
2010年03月号
2010年01月号
2009年12月号
2009年10月号
2009年08月号
2009年07月号
2009年05月号
2009年03月号
2008年11月号
2008年09月号
2008年07月号
2008年04月号
2008年01月号
2007年09月号
2007年07月号
2007年05月号
2006年11月号
2006年10月号

初孫通信バックナンバー2011年03月号

【酒蔵ニュース】
  「全量生もと」で仕込み中
  … 大吟醸造りも佳境を迎える
 酒田の今年の冬は、かつてないほどの大雪に見舞われました。ここに来てようやく落ち着いたものの、わが社では出勤日も休日も関係なく、毎朝のように除雪作業で大変な思いをしました。(筋トレ&筋肉痛の毎日でした。)酒田市内で見ることは珍しいロータリー除雪車(写真)やショベルカーも出動し、積まれた雪を片付けています。

 さて、寒さとともに蔵の中では酒造りも佳境を迎えています。出品用の大吟醸造りも、全国選抜清酒品評会での連続第1位獲得に向け、昼夜も問わない厳しい作業に追われています。例えば、細かな温度管理の対応には神経をすり減らすほどです。
 その大吟醸は3月上旬に搾られる予定ですが、それまでの間サーマルタンクの中で静かに発酵を続けることになります。
 また、最近は酒蔵ラリーをはじめ地元の自治会のメンバーや販売店の方々など多数見学に訪れてくれます。この機会に、初孫の造りの神髄「生もと造り」を深く理解してもらっています。

 少し先の話になりますが、今年の「初孫の酒を楽しむ会」が、6月10日(金)に開催されることに決まりました。初孫のいろいろなお酒とレストラン料理が楽しめると地元の人には大変人気のあるイベントですが、最近ではその話題を聞きつけた県外のお客様も多数参加するようになってきました。酒田観光も兼ねてどうぞご参加ください。お問い合わせは上のTEL・FAXまたはメールアドレスまで。
【初孫ファン紹介】
  川又好一さん
 ハンドメイドを基本に心温まる木製品や焼き物を作っている川又さん、その職人気質は初孫の酒造りに相通じるものがあります。
 初孫との出会いは、友人から「日本酒を楽しむ会」に誘われ参加したことがきっかけ。もともと日本酒が好きだったこと、親しくしていた方の関係で山形に良いイメージを抱いていたことに加え、ちょうど初孫が生まれたピッタリなタイミングだったことで、それからすっかり初孫ファンになってくれました。
 子供の頃、怖かったお父さんもなぜか日本酒を飲むとニコニコしていたことが忘れられないといいながら、いつもニコニコ笑顔で「初孫」を楽しく美味しく飲んでくれています。
 孫が生まれた知り合いに「初孫」をプレゼントしたら大変喜ばれ、思いがけないほどのお返しをもらったと、海老で鯛を釣ったお話しも披露していただきました。
 ※写真は、人気の魔斬を手にしてご機嫌な荒川区の川又さん
【庄内の旨いもん紹介】
  しょうゆの実・・・食べる醤油
「食べるラー油」の次は「食べる醤油」!しょうゆもろみの持つ独特のまろやかなうま味と香りを食べやすい形にした、今、話題沸騰の新感覚調味料「しょうゆの実」は山形県庄内地方の名物です。銀座にある「おいしい山形プラザ」でもしばらく人気ナンバーワンの座を守り続けています。
 乱切りしたキュウリにまぶしたり、焼きナスに添えたりすればおいしい酒の肴になります。また、温かいご飯にかければもはや何もいらない・・・。
 ほんのりと香るやさしいかほりは、どこか懐かしくホッとできる癒しの味わいです。
 しかも発酵食品なので、体にもおいしい!
【トピックス】
  湊・酒田の雛めぐり&岸洋子メモリアルコンサート
◆かつて江戸や大坂との交易でたいそう賑わった湊町酒田には、由緒ある雛人形が数多く残され、大切に保管されてきました。早春の酒田で、これらのお雛様を市内の観光施設で一斉に展示します。市内の旧家や商店などでも代々伝わる雛人形や創作人形のほか、珍しい品、懐かしい品を展示して、ひなまつりを華やかに盛り上げます。※2月26日〜4月3日頃
◆3月24日(木)、酒田市市民会館希望ホールで、「第1回岸洋子メモリアルコンサート」が開催されます。「夜明けの歌」や「希望」でヒットで知られる岸洋子さんは酒田市出身で、「夜明けの歌」のメロディーが酒田駅で流れるなど他界された後も市民に親しまれている偉大な歌手。このコンサートは、多くの市民の協力で実現しました。
【商品紹介】
  春吟醸「美咲」
 「風花(かざはな)」舞う北国にもようやく春の足音が聞こえてきました。待ちわびた春の訪れにぴったりのお酒、季節限定「春吟醸・美咲」が好評発売中です。
 春らしい爽やかな吟醸の香りと、軽快でやさしい味わい。明るくきらめく早春の風を、美咲とともにお届けいたします。
 山菜やサクラマスなど、春の旬の料理との相性が抜群です。



〒998-0114 山形県酒田市十里塚字村東山125番地の3
TEL 0234-31-1515(代) FAX 0234-31-5588
お酒は20歳になってから。 お酒は適量を。