発行:東北銘醸株式会社  
山形県酒田市十里塚字村東山125-3
TEL:0234(31)1515 / FAX:0234(31)5588
URL:http://www.hatsumago.co.jp

mailto:sake@hatsumago.co.jp


2013年03月号
2013年01月号
2012年10月号
2012年08月号
2012年06月号
2012年04月号
2012年02月号
2011年12月号
2011年10月号
2011年08月号
2011年06月号
2011年04月号
2011年03月号
2011年01月号
2010年11月号
2010年10月号
2010年09月号
2010年07月号
2010年05月号
2010年03月号
2010年01月号
2009年12月号
2009年10月号
2009年08月号
2009年07月号
2009年05月号
2009年03月号
2008年11月号
2008年09月号
2008年07月号
2008年04月号
2008年01月号
2007年09月号
2007年07月号
2007年05月号
2006年11月号
2006年10月号

初孫通信バックナンバー2011年06月号

【酒蔵ニュース】
  第13回「初孫の酒を楽しむ会」
 今年も盛大に開催
 未曾有の大震災より3ヶ月がたちました。被災地の一日も早い復興を心よりお祈りするとともに、われわれも今できることにきっちりと向き合い、取り組むことが第一と考えています。

 さて、5月20日爽やかに晴れわたった春の日に、400年以上の歴史がある「酒田まつり」が開催されました。酒田観光協会の会長でもある当社社長の挨拶で始まった酒田まつり儀式の後、例年のように初孫でも笛、鐘、太鼓を奏でた山車を繰り出し、祭りの盛り上がりに貢献いたしました。

 蔵の中は、酒造りもひと休み。蔵人たちは酒造設備のメンテナンスや、社内の営繕作業に勤しんでいるところです。
 設備といえば、これから夏に向けて、瓶詰めした商品を即座に冷水シャワーで冷却するボトルクーラーが大活躍をします。わが社のこの機械は東北で初めて導入されたもので、しかもパストライザーにもなる優れものです。
 
 酒の原料となる米は、今は生育を見守る時期。初孫で毎年取り組んでいることに山形県のオリジナル酒米「出羽燦々」の特別栽培がありますが、杜氏は定期的に酒田市大平地区の圃場を訪れ、営農指導員の方々らとともに生育状況のチェックに余念がありません。

 去る6月10日、「第13回初孫の酒を楽しむ会」が酒田市内の「レストラン欅」で開催されました。150人を超す参加者たちは、地元の素材を活かした7つの料理と、その料理に合った初孫のお酒に舌鼓を打ちながら、大満足の様子でした。
【山形の旨いもん紹介】
  《うこぎ》
 テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」で、山形県民は垣根を食べると紹介されていましたが、垣根にもなる「うこぎ」は、実際に山形県でも南に位置する米沢市方面で食べられています。(実は、こちら酒田では馴染みがありません・・・)
 独特の香りと苦みがありますが、それが旨さの要因。また、うこぎの葉は抗酸化性がふつうの野菜よりかなり優れており、しかもビタミンやミネラルなど栄養豊富で、体にもおいしい食べ物といえるでしょう。
 てんぷら、おひたし、和え物など幅広い調理法でどうぞ。
※写真は「おひたし」とうこぎの垣根
【従業員紹介】
  ◎落合理恵子さん
 初孫の資料館「蔵探訪館」のスタッフとして、見学案内や販売を切り盛りしています。
 趣味は読書と刺繍。ジャンルを問わず本を読むことが好きで、一日1冊読むことも珍しくないほど。また、小学3年生の娘と3歳の男の子のために、エプロンやバッグなど刺繍グッズ作りに励んでいるそうです。
 最近うれしかったことは、お姉ちゃんがピアノの発表会でとても上手に弾けたこと。将来は世界にはばたくピアニスト・・・を、夢見てしまったようです。
 今、熱中しているのは青春を捧げた‘バレーボール’で、PTA球技大会に向けて猛練習中。「スポーツは得意なんです」と誇らしげに語ってくれました。
 ここで働くようになりはじめて日本酒の飲み方や味わいを知ることとなり、今では大好きになったとのこと。お客様が自分のすすめた商品をおいしいと買ってくれたときは、喜びもひとしおのようです。
※エレガントな落合さんは来館者にも好印象です
【トピックス】
  初孫の『懐かしのコマーシャルソング』
 今回は、昭和の時代に放送されていた初孫のCMソングを紹介したいと思います。歌っていたのは、何と初代が「松崎しげる」、2代目が「高橋真梨子」の大物歌手でした。
 ほのぼのとした心地よいメロディーです。聞いてみたい方は、ぜひ初孫の人にリクエストしてくださいね。

=幸せを呼ぶ初孫=

 ●今日会いました んんー いい笑顔に 
  ふと交わす まなざしがさりげなく 
  優しくて まぶしいおもいの ひとかけら 
  ただそれだけのことだけど 味わう酒が
  またうまい いい一日を ふりかえる 
  幸せを呼ぶ 初孫

●●今日ききました んんー いい話しを
  めぐりあい みつめあい それからの
  物語 こちらもうれしくなりました
  ただそれだけのことだけど 味わう酒が
  またうまい いい一日が過ぎてゆく 
  幸せを呼ぶ 初孫

【商品紹介】
  祥瑞(しょうずい) 生もと純米大吟醸
 〜父の日などのプレゼントに最適〜
 祥瑞とは、吉兆と同じような意味でこれから良いこと、めでたいことがありそうな予感がすること。見た目や中身もともない、贈答として最適のお酒です。
 これはといった記念日などがあった際にぜひご賞味ください。華麗なる吟醸の香りと、繊細で深みのある味わいは、「なるほど、納得」と思わずうなってしまいます。
 格調高さは初孫の中でも筆頭格の商品です。
※1,800ml、720mlがあります。



〒998-0114 山形県酒田市十里塚字村東山125番地の3
TEL 0234-31-1515(代) FAX 0234-31-5588
お酒は20歳になってから。 お酒は適量を。