発行:東北銘醸株式会社  
山形県酒田市十里塚字村東山125-3
TEL:0234(31)1515 / FAX:0234(31)5588
URL:http://www.hatsumago.co.jp

mailto:sake@hatsumago.co.jp


2013年03月号
2013年01月号
2012年10月号
2012年08月号
2012年06月号
2012年04月号
2012年02月号
2011年12月号
2011年10月号
2011年08月号
2011年06月号
2011年04月号
2011年03月号
2011年01月号
2010年11月号
2010年10月号
2010年09月号
2010年07月号
2010年05月号
2010年03月号
2010年01月号
2009年12月号
2009年10月号
2009年08月号
2009年07月号
2009年05月号
2009年03月号
2008年11月号
2008年09月号
2008年07月号
2008年04月号
2008年01月号
2007年09月号
2007年07月号
2007年05月号
2006年11月号
2006年10月号

初孫通信バックナンバー2011年12月号

【酒蔵ニュース】
  東北清酒鑑評会で快挙達成
 吟醸の部、純米の部両部門で優等賞受賞
 今年もたくさんの白鳥が最上川の河口に舞い降り、酒田に冬の訪れが間近なことを告げてくれるようです。暖冬気味とはいえ、日ごとに寒さを感じるようになりました。

 さて、先日ビッグニュースが飛び込んできました。春の「全国新酒鑑評会」とともに重要な行事、秋の「東北清酒鑑評会」において、初孫は吟醸の部、純米の部の両部門で優等賞を獲得いたしました。しかも、特筆すべきは純米の部で杜氏が総代として表彰を受けたことです。これは、優等賞の中でも初孫が首席だったことを意味するようでした。

 仕込みタンクで丁寧に醸しあげた酒も、すでに15本ほど搾りあがりました。心待ちにしていた「しぼりたて新酒」もお届けできるようになります。
 米の方は去年に比べやわらかくて良質な感じです。造りやすいといえますが、この気温の高さにはやや困惑気味といえます。
 兵庫県から「山田錦」の酒米も入荷し、これからが酒造り本番となります。大吟醸造りを間近にし、蔵の中は凜と張りつめた空気です。

 11月19日、初孫の敷地内において「酒蔵開放デー」のイベントを開催しました。
 今にも泣き出しそうな空を心配しましたが、六百人ほどの参加者にも恵まれ、大成功をおさめました。
 普段見ることができない蔵見学に参加者は大喜び。他にも体験コーナーや、資料館での大吟醸の試飲やら甘酒のふるまいなど数々のイベント内容に、とても満足された様子でした。  
【酒田のうまいもん紹介】
  むきそば
 普通、そばといえば実を粉にしてこねて作りますが、粒のまま茹でてしまうのが酒田の「むきそば」。先日の「秘密のケンミンSHOW」で酒田市の名物料理として紹介されました。
 江戸時代中期に京都の寺院の精進料理「そばの実」が、北前船で運ばれてきたといわれています。その後、酒田の方だけで残り、今でも料亭などで出される定番の一品です。
 あっさりした味わいなので飲んだ後のシメにもいいのですが、身体を気づかって飲み始めに食しておけば、胃も落ち着きます。美味しい上にお酒の‘おとも’としても絶好な品といえるでしょう。
【初孫ファン紹介】
  ◎明石剛さん
 若い頃から日本酒が大好きだったという明石さんが、転勤により家族で酒田にいらっしゃったのが15年前、その時初めて初孫を飲んですっかりファンになったといいます。
 酒田で4年間勤務ののち、また転勤で東京に戻りましたが、時々ある酒田出張で何が楽しみかと言えば・・・もちろん初孫と、一緒に味わう酒田の料理!「酒田は料理も酒も、その上に人情も厚くてよかったなぁ」としみじみ語ってくれました。
 今でもよく飲んでいるというのが「魔斬」。魚料理にぴったりはまると、酒通ならではナイスチョイス。 
 また、知人やその関係者に孫が生まれたと聞けば、いち早く『初孫』をすすめてくれている生粋の初孫ファンです。
【トピックス】
  ひとくちでほぐれる
 日本酒の3つのテラピー効果
「百薬の長」といわれる日本酒。それは麹に含まれるさまざまな有益成分や自然を生かした醸造技術などにより、飲むだけでなく健康や美容にも良いお酒だからです。
 1.カラダにテラピー
    血行を促進し、体内の組織を活性化 
            → 肩こり、冷え性を解消
 2.ココロにテラピー
    日本酒の香りにココロやすらげる効果
            → ストレス解消を手助け
 3.キレイにテラピー
    100種類以上の有効成分がさまざまの美容効果
            → 美白・潤い・つやキープ
  心もほぐれる……今宵は一杯の日本酒をどうぞ
【商品紹介】
  純米吟醸しぼりたて&初吹雪
〜しぼりたて新酒続々登場〜
冬が近づいてくるとともに楽しみになってくるのが、フレッシュな「しぼりたて新酒」の発売。
 秋の自信作ともいえる山形県のオリジナル酒米「出羽燦々」で醸した『秋あがり』は、とても好評のうちに完売となりましたが、今回の「しぼりたて」も負けず劣らずの味わいです。 
 フルーティな吟醸の香りとやわらかくて若々しい旨さを、ご堪能下さい。
 なお、本醸造原酒の『初吹雪』も発売中です。
フレッシュでコクのある美味しさを、アツアツの鍋と一緒にどうぞ!



〒998-0114 山形県酒田市十里塚字村東山125番地の3
TEL 0234-31-1515(代) FAX 0234-31-5588
お酒は20歳になってから。 お酒は適量を。