初孫「テレビCM作成の考え方」


CMイメージ
米を原料として用い、地域の風土と自然のなかで日本酒発酵を行っている私たち初孫は山形県の企業の一員として、山形の人と自然の良さを伝えるCMを作りたいと考えています。

テレビCM作成に当たって、私たちの企業が地域の特産として日本酒メーカーであることから、山形の地域性を掘り起こし、その良さを再発見する素材をテーマとしてソフト作りを行うように心がけています。

ふだん、私たちが接している風景、口にする食べ物、飲んでいる水、そして当然のように吸っている澄んだ空気。そんな山形県内にある自然の恵みにひとつひとつ光を当てて、あらためて地域の自然の良さと特産の旨さの秘密を見つめ直したい、そして、山形県の地域の自然と産物は多くの人達の努力と苦労に支えれ、育まれている姿を紹介していきたい、そんな願いでテレビのコマーシャルソフトの製作を行っています。

次のページへ