日本酒は、米と水と自然界の小さな命の力によって醸し出されます。日本酒ができるまでには、さまざまの場面で微生物の営みが関与し、大きな役割を果たすのです。中でも酒母という工程ではアルコール発酵をつかさどる清酒酵母を大量に育成する工程。近代に入り、複雑な工程の省力化を図ろうといくつかの手法が開発されてきました。ところが、初孫の蔵では、創業以来一貫して時間と手間のかかる昔ながらの伝統手法「生もと造り」による酒造りを行っています。

 そこには、酒造りの原点を見つめた品質へのこだわりがあるからにほかなりません。
 生もとづくりとは、清酒酵母以外の生き物の繁殖を抑えるにあたり、空気中の乳酸菌を活用するやり方。長年培われた技術と経験が必要であり、現在生もとで仕込む蔵は全国的にも数少ないとされています。

 自然界の営みを巧みに誘導することにより育成される酵母は、醪において健全でしかも旺盛な発酵をもたらすため、力強くしっかりとした酒質になるといわれています。そして、醸し出された酒は、深みのある味わいとすっきりした後口が特長です。

 初孫は、水と緑に恵まれた環境のもとで、地方の風土が息づく「酒の酒田」ならではの豊かな味わいを継承し、発展させていきます。
 
[会社名]
東北銘醸株式会社
[代 表]
代表取締役社長  佐藤 淳司
[杜 氏]
取締役製造部長  後藤 英之
[事業所]
・本社
〒998-0114 山形県酒田市十里塚字村東山125番地の3
TEL(0234)31-1515(代) FAX(0234)31-5588

・初孫酒造資料館「蔵探訪舘」
TEL:0234-31-2320
[創 業]
1893年(明治26年)
[資本金]
9,500万円
 
 



〒998-0114 山形県酒田市十里塚字村東山125番地の3
TEL 0234-31-1515(代) FAX 0234-31-5588
お酒は20歳になってから。 お酒は適量を。