初孫「旬香しゅんか」純米吟醸を4月12日から発売します
 
純米吟醸の初孫「旬香 しゅんか」を4月12日から発売開始します。
山形オリジナルの酒米=出羽燦々100%で仕込んだ純米吟醸を搾った後、氷温で冷蔵貯蔵。
新鮮な風味をそのまま瓶に詰めました。
蓋を開けるとほんのりとただよう上品な吟醸の香り。
爽やかな風味と透明感のある旨さが特長です。旬の料理にピッタリ。
是非ご期待下さい。い。

★小売価格(税込)
1,800ml=2,916円
720ml=1,458円


純米吟醸「旬香 しゅんか」の商品をご覧下さい。

春限定酒 初孫純米吟醸「美咲みさき」は完売しました!
 
おかげさまで、初孫 純米吟醸{美咲みさき」は蔵元出荷分は完売となりました。

山形県産の美山錦を用い、春の食卓を彩る旬の料理を一層おいしくする純米吟醸酒です。
口に含むとやさしい吟醸の香りが広がり、軽快でキレ味の良い旨さが特長。
鼻で香りを嗅いだときは少し静かな感じですが、口に入れて飲み込んだ時に素敵な吟醸の香りが立ちのぼってきます。

お値段は、720mlは税込小売価格は1,458円です。
1,800mlは、税込2,916円です。






写真家「小川勝久」庄内砂丘クロマツ林を撮る
  蔵の周辺にひろがるクロマツ林をテーマにしました
私たちの蔵は、全長30km以上の砂丘地にあります。
砂丘の砂から農地を守るために江戸時代からクロマツの植林が行われてきました。
蔵の周辺は多くの先人たちが苦労して植林した見事なクロマツ林がひろがっています。
このCMフィルムは、日本のデジタル写真の草分け的存在の「小川勝久かつひさ」さんの写真に込める思いを通して、私たちの目指す酒造りを訴えることをテーマとしました。

CMをご覧下さい>>>>

 



純米大吟醸、純米吟醸の仕込みが続いています
 
3月になり、鑑評会出品酒の持ち寄りきき酒会が開かれる時期となりました。
蔵の中では、春から発売開始となる純米大吟醸、純米吟醸の醪が順調に発酵しております。蔵人にとっては、気の抜けない作業の連続です。
今年は、年明けから本格的な積雪がありましたが、3月になって蔵の敷地もほとんど雪が消えて春の到来を感じさせる季節になってきました。

出荷部門では、しぼりたて純米吟醸の出荷の好調で完売となりました。
今は、春を告げる「春吟醸 美咲 純米吟醸」を発売しております。
軽快で爽やかな味わいが大変好評です。


 


〒998-0114 山形県酒田市十里塚字村東山125番地の3
TEL 0234-31-1515(代) FAX 0234-31-5588
お酒は20歳になってから。 お酒は適量を。