IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2018年の日本酒部門で、初孫「伝承きもと」が本醸造部門の最高位=トロフィー賞を受賞しました。
 
本年度の初孫の酒を楽しむ会は5月17日(木)をもちまして定員になりました。
 

○新「雪女神」720mlを発売中!
 
山形県産の「雪女神」を100%使用。
天然の乳酸菌を活用した「生もと」造りで醸し上げた吟醸の華やかな香りと深みのある旨さ。料理を引き立てる透明感のある上品な味わいが特長です。

720ml:小売価格 3,240円(税込)
化粧箱付き

初孫「旬香しゅんか」純米大吟醸を発売中
  今年からラベルをリニューアル、純米大吟醸で発売しました
純米大吟醸の初孫「旬香 しゅんか」を期間限定で発売しております。
山形オリジナルの酒米=出羽燦々100%で仕込んだ純米大吟醸を搾った後、新鮮な風味を生かしてボトリングしました。
グラスに鼻を近づけると、ほんのりとただよう上品な吟醸の香り。
口に含んだ時の爽やかな風味と飲み込んだ後の透明感のある旨さが特長です。旬の料理にピッタリ。
是非お試しください!

★小売価格(税込)
1,800ml=2,916円
720ml=1,458円


純米吟醸「旬香 しゅんか」の商品をご覧下さい。



 



山形県で開催されたIWC日本酒部門で、初孫 伝承生もとが第一位(トロフィー)を受賞しました!
 
5月18日に山形県で開催されたIWC日本酒部門で、初孫 伝承生もとが第一位のトロフィを受賞しました。
当日の発表会には取締役製造部長が出席して、賞状を頂いてきました。会場内では多くのマスコミから取材を受け、受賞の喜びを話しました。
当社はIWCには初めてのチャレンジでした。山形県での開催であり、地元の蔵元として自信作を出品しようと努力しました。
8部門に出品して、すべて入賞。6部門で金賞(ゴールドメダル)受賞。本醸造部門では最高位のトロフィーを受賞、そして、純米部門でも「初孫 出羽の里 純米酒」が山形トロフィーを受賞しました。

5月20日は恒例の酒田祭りに、40年連続で太鼓の演奏で社員が出演しました。
当日は快晴に恵まれ、パレードでは沿道から「IWC受賞おめでとう」という掛け声が沢山かけていただきました。

蔵の敷地は緑に囲まれ、ハマナスの花も咲き始めて初夏を感じさせる季節となりました。
夏酒の「旬香」純米大吟醸、そして、「しおさい」純米大吟醸の出荷も順調に行われています。6月22日の初孫を楽しむ会は定員に達しました。これから料理との相性を研究して、酒の準備を行ないます。
IWC受賞を励みとして、更に品質に磨きをかけてまいります。

 


〒998-0114 山形県酒田市十里塚字村東山125番地の3
TEL 0234-31-1515(代) FAX 0234-31-5588
お酒は20歳になってから。 お酒は適量を。