杉玉には「今年も新酒ができましたよ」という目印です。吊るされたばかりの杉玉はまだ蒼々としているが、やがて枯れて茶色がかってきます。緑色は新酒の季節、枯れた茶色はひやおろしの季節というように、日本酒造りの時期と、杉玉の色の変化で、皆様へお伝えしております。

杉玉作成をしているのは当社OBの佐藤さん、杉の葉を軽トラック1台分使用し手作業で作ってくれています。出来上がった杉玉を後藤杜氏も手伝い今年も新酒をしぼった事に感謝し杉玉へ一礼しておりました。